このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
電話受付時間:
月・水・木・金10:30-13:00 / 14:30-18:30
土9:30-12:00 / 13:30-17:30

消化器内科専門医が行う
つらくない大腸カメラ検査

日本消化器内視鏡学会が認定した専門医による上下部内視鏡検査(胃カメラ/大腸カメラ検査)を実施しています。鎮痛剤を使用した検査など苦痛の少ない検査を行います。

このような症状はありませんか?

  • 便潜血検査で陽性反応が出た

  • 血便がでる

  • 40歳以上だけど大腸内視鏡検査を受けたことがない

  • 肥満体質で飲酒機会も多い

  • 喫煙習慣がある

  • 下痢や便秘を繰り返している

  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

このような症状がありましたら
大腸カメラ検査による
精密検査を受けましょう!


大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)について


大腸カメラは、肛門から内視鏡カメラを挿入し、大腸のいちばん奥の盲腸までカメラを進め、戻りながら大腸を直接観察していく検査です。
大腸における炎症やポリープ・がんの発見に最も有効な検査です。
大腸がんは、がんによる死亡原因としても上位を占めるほど、国内での大腸がん罹患者数が増加傾向にあります。主な原因としては、食生活の欧米化や早期発見率の上昇などが挙げられます。大腸がんは、病気の進行が遅いと言われていますが、初期における自覚症状がほとんどないため、病状がかなり進行してから発見されることが多い病気とされています。

早期に発見し、適切な治療を早めに行うことで、負担の少ない治療で済み、日常生活に支障を及ぼさずに改善できます。大腸がんの早期発見のためにも定期的に大腸カメラ検査を受けることをおすすめしています。

当院では、全ての内視鏡検査を日本消化器内視鏡学会認定専門医が行うため、安心して検査を受けられます。大腸カメラ検査は、事前に下剤を服用する前処置に時間がかかります。

検査中の不快感や苦痛、検査後の膨満感から苦手意識をお持ちの方が多くいますが、当院では最大限に苦痛を軽減し、患者さんが楽に受けられるよう十分に配慮して検査を行っています。

お気軽にご相談・ご予約ください

内視鏡検査はお電話でのご予約となります
(予約の際に「内視鏡のページを見た」とお伝えください)
045-393-3255
電話受付時間:
月・水・木・金
10:30-13:00 / 14:30-18:30

9:30-12:00 / 13:30-17:30
※日、火曜日、祝日は定休

当院の大腸カメラ検査の特徴


01 熟練した高い挿入技術と優しい内視鏡操作

全ての内視鏡検査を日本消化器内視鏡学会認定専門医が行います。

他院で大腸内視鏡検査を過去に受けたことがあり、苦い経験をされた方でも、できる限り腸管を伸ばさないように丁寧に内視鏡を挿入することで、ほとんど苦痛を与えることなく挿入することが出来ます。

02 鎮静剤で眠っている間に検査

当院の大腸カメラ検査では、積極的に鎮痛・鎮静剤を使って、リラックスした状態で検査を受けて頂いています。大腸カメラ検査による不快感や苦痛を大幅に軽減し、楽に受けられます。会話も可能なので、医師の呼びかけに応えながら検査を受けることができます。内視鏡検査が苦手な患者さんのために、完全に眠った状態で検査が終えられるよう、鎮痛・鎮静剤を調節することも可能です。不安がある方は、どうぞお気軽に当院にご相談ください

03 検査中に大腸ポリープ切除が可能

大腸がんの多くのケースが、大腸ポリープが増悪することよって発症していると考えられています。当院では、小さな大腸ポリープを発見した場合、その場で切除治療を行っています。検査中に大腸ポリープを切除できるため、検査と切除日を別で設定する必要がありません。複数回の来院も必要なく、事前の食事制限も1回で済み、患者さんの負担を減らすことができます。万が一、大きいポリープを発見した場合は、加療が可能な連携する医療機関をご紹介しています。

04 胃カメラ検査と大腸カメラ検査は同時検査が可能

同日に胃カメラ検査と大腸カメラ検査を行うことができます。事前の食事制限が1回で済んだり、何度も通わなくて済んだりと、忙しい方におすすめです。同日検査ができるかどうかは、医師に相談してください。


当院の特徴


01 初診日の即日検査
土曜日の検査にも対応

急な体調不良でも大腸カメラを使用した検査ができるように、当院では条件次第で初診日当日の即日胃カメラ検査に対応しています。また、土曜日の胃カメラ検査にも対応しています。クリニックも関内駅徒歩1分と通いやすい場所にありますので気軽にお越しください。

02 キャッシュレスOK

各種クレジットカード、電子マネー、交通系ICカードにも対応しているため、現金以外でのご決済が可能です。普段、あまり現金を持ち歩かない方でも、わざわざ現金を用意する必要はありません。

お気軽にご相談・ご予約ください

内視鏡検査はお電話でのご予約となります
(予約の際に「内視鏡のページを見た」とお伝えください)
045-393-3255
電話受付時間:
月・水・木・金
10:30-13:00 / 14:30-18:30

9:30-12:00 / 13:30-17:30
※日、火曜日、祝日は定休

検査の流れ

Step.1
検査前日

前日の夕食は21時頃までに済ませてください。内容は、消化の良い物を食べてください。検査食もおすすめです。寝る前に下剤を服用します。前日朝から、アルコール・コーヒー・牛乳の摂取は控えてください

Step.2
当日朝

朝食は食べないでください。水分は水・お茶でしたら摂取して頂いて大丈夫です。朝の内服がある場合は、検査3時間前までに服用ください。糖尿病の内服薬・インスリンを使用している方は、当日朝は内服を中止してください。下剤を午前7時より服用開始し、検査の20分前までに来院ください。

Step.3
来院後

便が透明になったかどうかを確認します。鎮静剤使用の場合は、点滴を行います。検査直前に、点滴で鎮痛・鎮静剤、腸の蠕動運動を抑制する薬を使用します。ポリープを発見した場合は、切除や生検を行う場合があります。

検査時間は15~30分程度で個人差があります。

Step.4
検査後

検査後、目が覚めるまで横になって1時間程度お休みください。覚醒後に検査結果を丁寧にご説明します。病理検査を行った場合は、検査結果が出るまで2週間かかりますので、それ以降で再度外来にて結果をお伝えします。検査終了2時間後から飲食できます。ポリープ切除や生検を行った場合は検査終了3時間後から飲食できます。ポリープ切除を行った場合は、術後7日間は激しい運動・辛い刺激物・飲酒・長湯・遠方への外出は控えてください。

Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

よくある質問


  • Q

    大腸カメラ検査と胃カメラ検査は同じ日にできますか?

    A

    当院では同日に行うことが可能です。

  • Q

    当日は車の運転はできますか?

    A

    検査当日は、鎮痛/鎮静剤の影響により、車の運転は(バイク・自転車も含め)できません。公共交通機関でお越しください。

  • Q

    着替えは必要ですか?

    A

    検査着をご用意しておりますので、必要ございません。着脱しやすい服装でご来院ください。

  • Q

    検査を受けたいのですが予約は必須ですか?

    A

    事前のご予約をお願いしています。お電話にてお問い合わせください。

  • Q
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
    A
    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

当院について


クリニック名
スターフィールドクリニック横浜
電話番号 045-393-3255
住所

〒231-0016
神奈川県横浜市中区真砂町3-31 アクティオーレ関内 3階

アクセス方法 横浜市営地下鉄ブルーライン/関内駅から徒歩1分、伊勢佐木長者町駅から徒歩9分
JR根岸線/関内駅から徒歩2分
みなとみらい線/馬車道駅より徒歩8分、日本大通り駅より徒歩11分
クリニックHP
https://www.sfpc.or.jp/
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。